実感 -true to life-

自分の「実感」を何より信じましょう。  「実感」にまさる基準はどこにもありません。   by Haruki Murakami     現在カナダはジャスパーに滞在する旅人が、日々感じることについてぶっきらぼうに綴る写真日記。

トラウトの主が潜む3番湖 #55

ジャスパー国立公園内のFive lakes、その名の通り5つの湖が隣り合う。 そのうちの3番目がここ。 (pic : Third lake of five lakes) 3番4番5番は釣りができるということでも知られているし、 僕も4番でBrook Troutを釣った。小さいサイズだった。 その…

SUN DOG #54

Sun Dogと呼ばれる自然現象。 (pic : Sun Dog with Pinetree) 太陽の周りに光の環を作るという、 "Sun Dog"は日本語で"幻日"。 幻(まぼろし)の日(ひ)。 言葉の通り、実際に光を発している物体はなく光を観察できるのだが、 屈折やら反射がうまい具合の…

レインボートラウト #53

この間釣ってきたRainbow Trout。 日本のニジマスと一緒のはず。でかいけど。 (pic : レインボートラウト Malin lake) ジャスパーの湖に生息するレインボートラウト。 僕が釣ったのは45cmくらいで、日本で釣ったことのあるニジマス(25cmくらい?)よりは…

カナダのビール "Wildrose Brewing"#52

エドモントンで買い物を終えた後 LIQUORショップでビールを購入した。 (Pic : 6 enjoyable beer's pack from Wildrose Brewing ) Beers | Beer food | brewery | calgary craft beer | wild rose brewery Wildrose Brewingはカルガリーにあるビール製造会…

夏 到来 #51

ジャスパーの長い冬が終わり、夏が来た。 (Picture : Pylamid Mountain in winter) 人々は山へハイキングへ出かけ、 湖でカヌーや釣りを楽しみ、 テントを張りキャンプをする人もいる。 同時に動物たちも活発に動き出し あちこちで熊も見かける。 蚊や吸血…

オーロラの見える街 #50

オーロラといえばイエローナイフやアイスランドをイメージすると思うが、 ここジャスパーでも見ることができる。 (写真:先週突如現れたオーロラ by iphone7) 仕事終わりに空を見上げると、うっすらライトグリーンの帯のようなものを目にする。 街の少し暗…

ジャスパーの若者 #49

この前一緒にパイク釣りをしたベンの車。 ここジャスパーでは、冬の雪道にスリップのしにくいヘビーな車を所有する人が多い。 アウトドアでも活躍するし、荷物もたくさん積み込めるこのトラック型の車は、ジャスパーの人口に対する比率としては、かなりの数…

パイク釣り Talbot Lake vol.3 "パイクを食らう" #48

僕が釣った中で一番大きいパイク。 (写真 : パイク推定60cm超) お腹のふっくら膨れた、脂がのってそうな一匹だ。 でも見た目、美味しそうか? 僕個人的な意見は"NO"。 こんなん日本で釣っても普通に食わない 臭くて、スライミーな表面。 ぬるぬる。 しかし…

パイク釣り Talbot Lake vol.2 "釣りの模様" #47

朝早くから集合して、タルボットレイクまでドライブし、 車からボートを降ろし 椅子二脚 ライフジャケット二着 釣竿4本 モーターやオール等々 全部どさっとボートに詰め込んだらいざ出港。 (写真:釣り風景 on the Talbot Lake) ボートを走らせ、パイクが…

パイク釣り Talbot Lake "vol.1 フロッグルアー" #46

ついにオープンしました。 ここジャスパーでのレイクフィッシング解禁です。 (写真:Talbot Lake) 今回挑んだのがNorthern Pikeという(日本語名カワカマス)北アメリカではほぼ全域に古来から生息するという魚です。 通称パイク。 日本語でカワカマスと呼ぶ…

チョコボール #45

これなんだか分かりますか? そうですチョコボールです。 ジャスパー級の大自然の中には、このようにチョコボールの種をココナッツの実のような容れ物に詰め込んだ木々がうじゃうじゃと生えています。 それらの実たちが、春にかけて暖かくなると、パカッと割…

ジャスパーアーティスト Rico "vol2.一筆書きアート"#44

ジャスパーで活躍する日本人アーティストRicoさんの二回目(僕にとって)の展示会"一筆書きアート”について。 "一筆書きアートとは"その名の通り、一筆書きで一つの作品を作成するという、これもまた新しいアート手法。 英語で"One Line Art"。 途中さすがに…

ジャスパーアーティスト Rico -vol.1ひかり絵- #43

僕の住む町、ジャスパーで活躍するアーティストRicoさんの展示会に行ってきた。 まだ雪の降り注ぐ初春の頃である。 "ひかり絵"とは光と和紙を使ったアートのことで、Ricoさん自ら思いついた作品方法。 和紙を重ね合わせ、後ろから光を当てることで、一枚の絵…

枯れ潤う Medicine Lake #42

Medicine Lakeは僕の住むジャスパーから車で30分ほど走ったところにある湖である。 この湖は他のとは異なり、湖の水量が季節によって増減する。 冬場は湖と呼べるような姿はなく、そこにはより高地から流れる川だけが残る。 そして、春から夏にかけて雪が溶…

何気ない街の風景 #41

朝7時まで麻雀をした後の帰宅途中に撮影。 単なる一枚の写真だが、春になりかけるすがすがしい朝だったのを覚えている。 8時間ほどの4人麻雀で久しぶりに一人負けし、 外に出た途端、目に強い刺激。 目がくらむ中、自転車をこぎ出し ようやく太陽の光に慣…

レア度★☆☆☆☆ エルク #40

エルクとはアメリカアカシカの別名で、東北アジア(日本寄りのロシア辺り)にも生息する動物である。 日本語ではヘラジカ。 wikipediaにはシカ科シカ属。(これはシカ科に他の属類がいるということか?) (写真 早朝まで麻雀をしていて窓から見えたエルクた…

僕の休日 #39

朝起きてから、まず熱いシャワーで目を覚ます。 マネキッタのエスプレッソメーカーにコーヒーを少し濃いめにセット。 豆はイタリアのLAVAZZAから(これはいつも変わる)。 (写真:オーストラリアにいる頃から愛用のマネキッタ) コーヒーを待っている間、Spoti…

ジャスパー国立公園内で釣りを始めるにあって #38

まずはPermission(許可証)を獲得します。 これがAnnual Permissionで、毎年4月〜翌3月の一年間有効となっています。 用紙の背景にトラウトが描かれていて、なかなかいい感じの許可証ですね。 取得方法は、街のFishing Storeに行って "Please give me fishi…

映画"Blue is the Warmest Colour 〜アデル、ブルーは熱い色" #37

フランス少女の青春を描いた2013年の映画「アデル、ブルーは熱い色」。 この映画は、一人のフランス人女子学生アデルのデュアルな恋愛をとても細かく描写した映画である。 映画の見所を簡単に3つ 1.フランス人の生活 フランス映画のため、言語もフランス…

映画"The Revenant 〜蘇りしもの〜" #36

最近鑑賞した"映画The Revenant" 主演のレオナルド・ディカプリオは、この作品で初めてアカデミー主演男優賞を受賞した。 過去数回ノミネートされていたが、今回が初めてということで、本人含め多くのフアンにも喜ばしい賞だったと思う。 この映画の見所を簡…

ジャスパーの消えたマクドナルド #35

ジャスパーの隣町"ヒントン"にて初めて発見したマクドナルドinカナダ。 僕の住むジャスパーにはマクドナルドが消えてしまいました。 というのも、過去にはあったからです。 ジャスパーは、国立公園内にある街として、地元の商業をサポートするという方針をと…

ワーホリに来れば英語力が伸びる? 〜来る前にできる英語勉強〜 #34

ワーホリにこれから来ようと思っている方々の中には、"英語力向上"というのが一つの目的となっている人が少なからずいると思います。 けれど、実際にカナダやオーストラリアのような英語ネイティブの国に来たからといって、自動的に英語が喋れるようになるわ…

英語版の本を挑戦したい方へ #33

ジャスパーの図書館で何か簡単に読めそうな英語の本ないかなーと探していたところ、 見つけたのがこれ、"THE STRANGE LIBRALY / Haruki Murakami"。 英語の勉強も兼ねて、薄めの本を探そうとしていたところ、パッと思い浮かんだのが村上春樹の著書。 彼は短…

死んだ松の木 #32

僕は、休みの日や空いた時間を見つけるとトラウト釣りに川へ出かけます。 そして、「今日は釣れないなー」と見切ると、荷物を担ぎ散歩します。 そこで一本の真っ白になって死んでしまった松の木を見つけました。 僕はそこで考えます。 「どうして死んでしま…

カナダジャスパー木製の家 #31

ジャスパーにある家の様子。 ここジャスパーでは木製の家が目立ちます。 薪ストーブ用の薪を保存しておくスペースもある。 ちなみに写真の家は、中でも立派なものだ。 空にはばたくのは、地元アイスホッケーチーム"オイラーズ"のエンブレムフラッグ。 自分の…

カナダのおもちゃ #30

スーパーのおもちゃコーナー。 カナダのスーパーのおもちゃは二大映画関連のものが大半だ。 ディズニーとスターウォーズ。 中でも、僕はスターウォーズが好みなので、 スーパーなんかを歩いていると 勝手に目に入って、一度手にとってしまう。 それから、こ…

カナダの子供の遊び #29

部屋を借りてる家の駐車場を一枚。 ここジャスパーの家の駐車場には、このような小さなゴールが置かれていることがある。 平日の放課後、子供達が集まって 土日は、父親も一緒にクラブを持って 皆でホッケーを楽しんでいる。 ラオスでは、空き地に集まりサッ…

EDITH CAVEL SNOW HIKING vol extra #28

無人ロッジの過酷な水汲み。 「水は人類が生きる上で空気の次に必要な物質である」 と、誰かがそう言うように、水のない生活は成立しない。 朝起きてから夜床に就くまでの間、どれだけ人は水を使用するのか。 飲み水、料理、洗い物、人間の生理行為等々。 そ…

EDITH CAVEL SNOW HIKING vol3 #27

朝6時半に起床し、Glacier(氷河)を拝むためにもう3kmほどの雪道を歩みだした。 ここ最近誰も足を踏み入れてないのが明らかに分かる新雪だ。 この上でスノーシューを脱いだら全身が埋まることは間違いない。 (やってみたい気もするが、その時は寒すぎて、し…

EDITH CAVEL SNOW HIKING vol2 #26

これが僕らが滞在することになったHostel。 およそ5時間ほどかけて歩き、頂上までたどり着いた僕たち雪山登山隊。 想像以上に筋肉疲労を感じずにはいられなかったが、やはり宿に着いたら皆上機嫌。 部屋はドミトリーで$30。 この時期はunstaffed(スタッフ不…

EDITH CAVEL SNOW HIKING vol1 #25

Mt.Edith Cavelに雪山ハイキングに行ってきた。 これがスノーシューと呼ばれる、雪山登山をする際に使用するアイテムである。 日本でも、雪国では使用されており、昔の人々は木製お手製のスノーシューを使用していた。 これは、登山靴にそのまま装着すること…

"シシガミ様"を思い起こす #24

一匹だけのエルクを見つけた時 いつもは群れでいるのに、一匹だけでいる時に遭遇した。 その光景は、僕にシシガミ様を思い起こさせた。 「もののけ姫」が上映された時、僕はまだ小学生だった。 始めて見た時の衝撃を今でも覚えている。 あの、生き生きとした…

エルクの群れ #23

対岸に現れたエルクの群れを撮影。 まだ山の湖は禁漁期間(と言うより凍ってる)のため、一人、ジャスパー付近に流れるアサバスカ川に出向く。 理由は一つ、どうしてもトラウトを釣りたくて。 しかし、今日も雪解け水のせいで濁り気味のアサバスカンリバー。…

冬の湖では。。。 #22

ここジャスパー国立公園周辺には湖がいくつもあります。 湖では、カヤックや釣りはもちろんのこと、釣りシーズンがCloseしている時なんかは別の用途で"意外な遊び"として使われています。 これがその一つ、湖上スケートリンク。 街の近くにもあって、そちら…

"静かな山マウントピラミッド" #21

山の麓に広がるピラミッドレイクから撮影。 ジャスパーの街からならどこからでも眺めることのできる山。 仕事の休みの日、朝起きると太陽がサンサンと降り注いでいた。 これは山に登る”オーメン”だと捉え、(単に天気がよかっただけですが) 薄手のストッキ…

セカンドサングラス #20

アウトドアには欠かせないサングラス。 雪道なんかだと太陽光がギラギラと反射しますから目も眩みます。 前見えずに歩いてたら熊が現れても気づかないですからねー。 ちなみに、今回二つのサングラスを持ってます。 街用(ちょっといいやつ)とアウトドア用(…

Keen Pyrenees #19

KEENのピレニーズというトレッキングシューズ 購入したのが2012年だった気がする。友人が履いていて、レザーの色とKの小さなロゴが気に入って購入した登山靴。それから、何度か登山で使用したものの、まだまだ現役ということで、今回カナダに持ってきました…

ジャスパーのダウンタウン #18

の写真ですね。バックにカナディアンロッキーがそびえ立つのが印象的ですね。 ここがまあ、僕の住むジャスパーにおける、広小路通りのような一番栄える通りですね。「誰もおらんやん。」「何も栄とらんやないか。」と、こうなりますよね。そりゃあ、人口4500…

-20度 #17

カナダのお金持ちの庭園の池。 みたいに見えますが、これは雪解けしたのが再度凍るっていう現象が起きてこのように池のように見えます。ここジャスパーでは、僕が来た当初3月の初旬で-20度を観測していて、その1.2週間前で-30度、冬場の極寒で-40度近くを記…

部屋の様子 #16

これが僕の部屋。(ちなみに最近引っ越ししたから今は違います) 広くてキッチン、トイレ、シャワーありありなのでだいぶ快適でしたよ。ちなみに、これは僕のテリトリーでして、反対側には相方(同じ職場のイングリッシュガイ)がいました。彼は、女性運もあ…

カナダのスタッフ寮 #15

Cavel Apartment というアパートですね。 なんせ小さい町ですから、個人的に部屋探すのなんて一苦労。オーストラリアにいるときは、バッパーからアパート、フラット(一階建ての一軒家)までうじゃうじゃ部屋がありますからね。特有のサイトを使えば(好みが…

ビッグ香港 #14

と命名された羊化の生き物です。 隊長は高さ1.3mくらいで、言うほどでかくないですが、なんせこのツノがでかでかグリグリと印象的でして。こいつと遭遇したのは、ジャスパー行きのバスドライバーが急に運転を止めて、「Hey guys,こいつはオスのビッグ香港だ…

バンフからジャスパーへ #13

SUN DOGというバス会社でジャスパーへ。 仕事がジャスパーで決まっていたので、バンフからジャスパーへ移動です。カナダは本当にバスが高い。カルガリー空港からバンフ行きが2時間弱のドライブで、確か$68くらい。で、今回バンフからジャスパーが4時間弱の…

日本から持ってきた三冊の本 #12

本を三冊、簡単に紹介します。 いつもなら、海外に出る時1冊、多くて2冊しか持ってこないのですが、今回は北米ということで、いつもより飛行時間が長い。そこで、三冊持ってきたということです。1) INTO THE WILD / Jon Krakauerこれはショーン・ペン主演…

仕事探し Seeking Job #11

カナダで仕事を探します。 僕は今回、ワーキングホリデー(;以下ワーホリ)というビザでカナダに入国しています。 このビザは、30歳以下の人に取得権限があり、その国で”就学・就労・観光”の3つの権利を1年という期間与えてくれるビザです。つまり、ここで…

カナダのバッパー #10

“Banff International Hostel”に宿泊しました。 ここはバンフで最安値のホステルで$35/day(もちろんドミトリー)くらいでしたかね。次に安いところが大体$40以上しますから、ここは良心的と考えていいと思います。基本的に、ここカナダの宿泊施設は、他の国…

Patagoniaはここにもあった。#9

僕のお気に入りのウェアショップ「パタゴニアBanff店」 5年くらい前にパタゴニアの”R2”っていうフリース購入してから、パタゴニアの虜になってる僕。まあ、値段はそこそこしますが、アウトドアギアでありながら、スタイル的にもシンプルでワンポイントロゴ…

カナダの初景色 Banff Town View #8

カナダの朝起きて初めての景色 まじ雪やんね。わら カナダ来るまでの間、10日前までオーストラリアで毎日半袖+超短パンで過ごしてたからギャップが。。。笑 そのために日本に一時帰国して、冬服バックパックに詰め込んできたんだけどね。 僕のいた三月頭のBa…

カナダの公用語 #7

カルガリー空港に到着した時に見つけたカナダらしい一枚です。 知ってた?カナダの公用語って英語とフランス語っていうこと。ということは、”Welcome to”が英語で”Bienvenue au”がフランス語になりますね。これは、歴史を辿れば分かる話ですが、カナダは昔は…

飛行機からの写真はいちいち綺麗 #6

これはアメリカ上空からの写真です。ダラス国際空港からカナダへ飛んでる時です。綺麗ですよねー。ちょっと地球の丸さが分かりそうなくらい。 Bird Eye from American Sky なんなんすかね、あの縞々模様は。日本の田園風景や畑風景とは違う四角の集合体。同…