読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実感 -true to life-

自分の「実感」を何より信じましょう。  「実感」にまさる基準はどこにもありません。   by Haruki Murakami     現在カナダはジャスパーに滞在する旅人が、日々感じることについてぶっきらぼうに綴る写真日記。

EDITH CAVEL SNOW HIKING vol1 #25

Mt.Edith Cavelに雪山ハイキングに行ってきた。

f:id:mcp-23:20170419083333j:plain

これがスノーシューと呼ばれる、雪山登山をする際に使用するアイテムである。

日本でも、雪国では使用されており、昔の人々は木製お手製のスノーシューを使用していた。

 

これは、登山靴にそのまま装着することができ、新雪で深くなればなるほど効果を発揮する。

スノーシューにもいろいろと種類があり、スタンダードやワイルド用(未踏の雪の上など)、ランニング用まで様々だ。

 

 

今回の目的は、EDEITH CAVEL マウンテン上部の位置するHostelまで12kmの道のりを歩き、

そこで一泊し、翌日早朝に頂上付近のGlacier(氷河)を拝み、無事下山することだ。

 

 

僕たちは、朝ジャスパーNo.1のホテルでビュッフェを楽しみ、十二分にエネルギーを補給し、EDITH CAVEL登山口まで向かった。

 

はじめは普通の登山靴でもスムーズに歩みを進めることができたが、徐々に雪道に沈むようになってきた。

 

歩みなれない雪道に苦戦する。

 

足が沈み、少しスリップし、一歩一歩に使うエナジーが普段の1.5倍に感じる。

 

ふくらはぎの筋肉をいつも以上に活動させたため、筋肉痛は承知の上だ。

 

さあ、目的地までまでもう少し。

 

f:id:mcp-23:20170419091052j:plain

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村