読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実感 -true to life-

自分の「実感」を何より信じましょう。  「実感」にまさる基準はどこにもありません。   by Haruki Murakami     現在カナダはジャスパーに滞在する旅人が、日々感じることについてぶっきらぼうに綴る写真日記。

映画"The Revenant 〜蘇りしもの〜" #36

最近鑑賞した"映画The Revenant"

f:id:mcp-23:20170505050554j:plain

主演のレオナルド・ディカプリオは、この作品で初めてアカデミー主演男優賞を受賞した。

 

過去数回ノミネートされていたが、今回が初めてということで、本人含め多くのフアンにも喜ばしい賞だったと思う。

 

この映画の見所を簡単に3つ紹介したいと思う。

1.ハンターとして生活する一団の当時の生活模様が感じられるところ。

1823年を舞台にした映画で、キャンプ地での生活の再現や、原住民とのやりとり、食べ物や酒の様子がうかがえた。(話す英語もだいぶ聞きづらかった。)

そして、こういう映画に必ず強姦シーンもつきもの。

 

 

2.グリズリーとの対戦を想像させてくれるところ。

主人公ディカプリオが、一人狩りに出かけたところ、グリズリーとばったり出会い、死闘を繰り広げるシーン。

「普通なら死んでいるだろう」と遠い目で見てしまいがちだが、瀕死というのはまさにこのシーンのことをいうのだろう。

ベアスプレー(熊除けスプレー 唐辛子成分を含む)ではどうにもなりそうもない。

 

 

 

3.カナダの大自然を感じられるところ

この作品は、僕の住むジャスパーと同じアルバータ州のCammoreという街をロケ地にして撮影されたという。

Canmoreは僕も数回訪れたことがあるが、そこもまたロッキー山脈に囲まれた素敵な街だ。ディカプリオが好んで足を運んでいたというカフェもあるそうで。(そんなこと知らなかったが)

話は逸れたが、カナダの大自然の中で撮影されたため、その自然の広大さ、そこに生きる動物たちの様子が映像の中に見られるのは正直すごい。

 

f:id:mcp-23:20170505050550j:plain

グリズリーとの対戦をイメージしたい人はぜひご覧になってはいかが。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村